×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初期化パラメータの基本操作

現在のパラメータの値を確認
SQLPLUS コマンド → SHOW PARAMETERS
SQL コマンド   → SELECT * FROM v$parameter2;
現行のインスタンスのパラメータをリアルタイムに一時変更する
→ ALTER SYSTEM SET パラメータ名=値 SCOPE=MEMORY
サーバパラメータファイル(SPFILE)の値を更新し、次回以降のインスタンスに反映
→ ALTER SYSTEM SET パラメータ名=値 SCOPE=SPFILE

基本初期化パラメータ

〜いじるのはこの初期化パラメータだけにしましょう〜
CLUSTER_DATABASE
Real Application Clusters が使用可能かどうかをブール値で指定する。
COMPATIBLE
リリースバージョンの互換性を指定。詳しいのがたくさんあったので説明は外に投げちゃう。
CONTROL_FILES
制御ファイルの名前を指定。カンマで区切って複数指定も可。
DB_BLOCK_SIZE
Oracle データベースのブロック・サイズ(バイト)を指定。 デバイス・レベルでの物理ブロック・サイズの倍数である必要がある。 DWH では大きめの値を指定すると高パフォーマンスが得られる。
DB_CREATE_FILE_DEST
Oracle Managed Files の位置を指定。 DB_CREATE_ONLINE_LOG_DEST_n 初期化パラメータを指定しない場合、この位置は Oracle Managed Files の制御ファイルとオンライン REDO ログの位置としても使われる。
DB_CREATE_ONLINE_LOG_DEST_n
n = 1 〜 5。 Oracle Managed Files の制御ファイルと、 オンライン REDO ログの位置を指定。複数指定すれば制御ファイルと REDO ログが多重化される。
DB_DOMAIN
分散データベース・システム( RAC )で各 DB を一意に識別するためのドメイン名。
DB_NAME
最大 8 文字のデータベース識別子を指定。必須。
DB_RECOVERY_FILE_DEST
フラッシュ・リバカリ領域の位置を指定。フラッシュ・リバカリ領域には、 アーカイブ REDO ログ、フラッシュバック・ログ、Recovery Manager バックアップ、 制御ファイルやオンライン REDO ログの多重コピーがある。
DB_RECOVERY_FILE_DEST_SIZE
フラッシュ・リカバリ領域に作成されるリカバリ・ファイルの最大サイズ(バイト)を指定。 単位は K、M、G。
DB_UNIQUE_NAME
データベースに対して、DB_NAME より上の階層で命名。 同じ DB_DOMAIN 内で同じ DB_NAME を持つデータベースは、一意の DB_UNIQUE_NAME を持つ必要がある。 すべてのデータベースの DB_UNIQUE_NAME は、エンタープライズ内で一意である必要がある。
INSTANCE_NUMBER
RAC のパラメータで、パラレル・モードまたは排他モードで指定可能。インスタンスを識別する番号。 例えば ALTER TABLE ○○ ALLOCATE EXTENT (SIZE ○K INSTANCE ○ DATAFILE ○○); の INSTANCE 句で使う。 記憶域パラメータ FREELIST GROUPS で作成されたデータベース・オブジェクト毎の 空きリスト・グループの 1 つにインスタンスをマップする一意の番号。難しいので外だし。(マニュアルそのままと思われる対象は除外してます。)
JOB_QUEUE_PROCESSES
ジョブ実行用に作成できるプロセスの最大数を指定。
LOG_ARCHIVE_DEST_n
n = 1 〜 10。 REDO データのアーカイブ先を指定。文法が多少複雑なので注意。
LOG_ARCHIVE_DEST_STATE_n
対応する LOG_ARCHIVE_DEST_n が使用可能かを示す。
enabled(デフォルト)、defer(使用しない)、alternate(トラブルで他が使えない時のみ使用)
NLS_LANGUAGE
データベースの言語を指定。
NLS_TERRITORY
日と週の順序付けについて地域名を指定。これにより日付書式、小数点文字、グループ・セパレータ、 ISO 通貨記号、通貨記号も決まる。
OPEN_CURSORS
1 つのセッションで同時にオープンできるカーソルの最大数を指定。
PGA_AGGREGATE_TARGET
インスタンスに接続されたすべてのサーバー・プロセスが使用できる合計の PGA メモリーを指定。 ソートやビットマップに使う領域。設定するなら SGA との兼ね合いなどに注意。
PROCESSES
同時に接続できる OS ユーザー・プロセスの最大数を指定。 SESSIONS および TRANSACTIONS の値は、このパラメータから導出される。
REMOTE_LISTENER
Oracle Net リモート・リスナー(このインスタンスと異なるマシン上で実行中のリスナー)の アドレスまたはアドレス・リストを解決するネットワーク名を指定する、動的なパラメータ。 名前は、TNSNAMES.ORA 等で解決される。
REMOTE_LOGIN_PASSWORDFILE
パスワード・ファイルを確認するかどうかを指定。NONE、SHARED。
ROLLBACK_SEGMENTS
インスタンスに割り当てるロールバック・セグメントの名前を指定。複数指定可。 UNDO_MANAGEMENT 初期化パラメータが AUTO なら自動 UNDO 管理になるのでこの値は無視される。
SESSIONS
システムに作成できるセッションの最大数を指定。 同時ユーザーの推定最大値に、バックグラウンド・プロセスの数を加えて、 さらに再帰セッションの約 10% を加えた値を常に明示的に設定しておく必要がある。
SGA_TARGET
すべての SGA コンポーネントの合計サイズを指定。単位は K、M、G。 この SGA_TARGET が指定されている場合、以下のメモリー・プールのサイズが自動的に設定される。 以下のメモリー・プールはサイズが手動で設定され、自動共有メモリー管理の影響を受けない。
SHARED_SERVERS
インスタンスの起動時に作成するサーバー・プロセスの数を指定。
STAR_TRANSFORMATION_ENABLED
コストベースの問合せ変換を、スター・クエリーに適用するかどうかが判別される。 TRUE、FALSE、TEMP_DISABLE(スター・クエリーで実行するが、スター変換では一時表を使用しない。)
UNDO_MANAGEMENT
自動 UNDO 管理モードなら AUTO、手動 UNDO 管理モードなら MANUAL。 手動の場合 UNDO 領域がロールバック・セグメントとして外部的に割り当てられる。
UNDO_TABLESPACE
自動 UNDO 管理モードで、インスタンスの起動時に使用する UNDO 表領域を指定。

ご意見・ご指摘等ございましたらお願い致します。(雑記帳へ
ホームページへ戻る