×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファンク&ソウル

雑記帳へ

New World「The World Today」
  まさにザ・ファンクという感じのアグレッシブチューン。
 詳細超不明。情報求む!
 kickin3という60〜70年代のファンクコンピ(Selected by Kuroda Daisuke)の一曲目。

Joe Pass「Better Days」(アルバム)
  ジャズのページでも紹介したギターの神様。
 渋すぎかっこよすぎだけれど、ハッピーであったかい雰囲気がアルバム全体に漂っています。
 西海岸の超マイナーレーベルから、ファンク全盛の1971年にリリースされたインストアルバム。
 リズムもホーンも一流の有名所が何故か集結。自信を持ってオススメできる大名盤。

Quinteto Ternuna「Quinteto Ternuna」(アルバム)
  優しい歌声と躍動するリズム、最高のブラジリアン・ソウル。何十枚はずれの
 アルバムを聞いてもこういうアルバムに一回出会うとまたいい音楽を探そうという
 新たな気力が湧いてきます。
 2曲目「O Amigo」:聞く度にキューンとくるもの哀しく甘いメロディにグっと惹き込まれる。
 5曲目「Consegui Concluir」:ハイテンポのハッピーナンバーだが優しいメロディ
               が曲全体を包む。
 7曲目「Eu Preciso te Encontrar」:ギルバートオサリバンや初期のビージーズが
                   好きな人ならKO間違い無しの名ポップ。
 11曲目「Logo Cedo」:どことなくアルバムの終わりを予感させる曲。


オススメのバンドや曲等あればぜひ教えて下さい。(雑記帳へ
ホームページへ戻る