×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボサノバ

雑記帳へ

Elis Regina「Se Voce Pensa」
  若くして亡くなったブラジルのカリスマ、エリスレジーナ。1969年録音。
 エネルギッシュで美しい歌声がハイテンポなリズムと交錯します。

Luis Bacalov「Roma Bene」
  イル・ポスティーノなど、映画のサントラで有名なバカロフ。
 この曲は軽快なギターボッサ。

Pat C.「Pura Saudade」
  電子楽器も使ったお洒落でポップなドイツ産ボッサ。
 聞くだけでハッピーな気持ちになれます。
 この曲は日産のCMで使われて以来テレビ等でも良く耳にします。

Mr Hermano「Jugando Con Fuego:Part2」
  「フゥ〜ハァ〜」とブレスが独特の気だるさをかもし出すトランス・ボッサ。
 どちらかと言えばHouseで紹介するべきかもしれない。
 緩急ついたリズムにウッドベース、ピアノ、女性ボーカルが絡み合う洗練された曲調。
 ちょっと調べてみたらMr Hermanoの評価がかなり高かったので機会があればもっと聞いてみます。

ブラジル66(セルジオメンデス)「マシュケナダ」
  あちこちでカバーされる名曲。(オパ、オパ、オパ〜のアップテンポなやつです。)やはり原曲が一番・・・

Bet.e&Stef「So Danco Samba」
  この曲もいろんな人がカバーしています。ボサノバの生みの親
 アントニオ=カルロス=ジョビンの曲。ジャズ・サンバともいうらしい。
 ボサノバスタンダードの中では一番気に入っている曲。

Lisa Ekdahl「River Of Love」
  ハイテンポの明るく心地よいボサノバ。ボーカルはスウェーデンの女性で、
 CDの帯によると、ストックホルムの妖精、魅惑のシルキー・ボイス。

Max Greger「A Man And Woman」
  「男と女」のボサノバアレンジバージョン。


オススメのバンドや曲等あればぜひ教えて下さい。(雑記帳へ
ホームページへ戻る