×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

特定のファイルやプログラムを特定の時間に起動する

at 時刻 ファイル名

使用例
コマンドプロンプトで以下それぞれのコマンドを実行する。

 ☆ 毎日 9:15 に C ドライブの備忘録フォルダのメモ.txtを自動で開く場合
at 9:15 /every:M,T,W,Th,F,S,Su "c:\備忘録\メモ.txt"

 ☆ 毎週木曜日と金曜日の 17:00 に C ドライブ直下のエクセルファイル(週間作業報告書)を自動で開く場合
at 17:00 /every:Th,F "c:\週間作業報告書.xlt"
  (拡張子が xls ではなく xlt になっているところがミソです。ワードやエクセルのファイルの拡張子を dot や xlt にしておくと
   テンプレートファイルになり、上書きされない「台紙」になります。)

 ☆ 毎月28〜31日の 12:00 に C ドライブ直下のエクセルファイル(勤務表)を自動で開く場合
at 12:00 /every:28,29,30,31 "c:\勤務表.xlt"


 ☆ 現在設定されているスケジュールを調べる( ID もこれで分かる)
at

 ☆ ID が 1 のスケジュールを削除する
at 1 /delete

 ☆ スケジュールを全て削除する
at /delete

モア:
 ☆ 毎週金曜日12:00にバックアップ用のバッチ(C:\backup.bat)を実行
at 12:00 /every:F "cmd.exe C:\backup 第一引数 第二引数"
cmd.exeでコマンドを実行させています。 cmd.exe 以降はコマンドプロンプトに打っていると思って下さい。

ご意見・ご指摘等ございましたらお願い致します。(雑記帳へ
ホームページへ戻る